げんデンタルオフィス様バナー.jpg

GEN DENTAL OFFICE

Case 2 むし歯の治療(コンポジットレジン充填)

処置前

​処置中1

​処置中2

処置中3

​処置中4

​処置中5

処置中6

​処置後1

​処置後2

処置前

向かって左の2本の歯の間がむし歯になっています.さらに,2本のうちの左の歯の表面は上手く作られなかった(形成不全)​,あるいは細菌が作った酸で溶けた(脱灰)ように見えるため,一緒に直すことになりました.

処置中

歯の最表面はエナメル質と呼ばれる硬い組織からできています.エナメル質に白い詰め物(コンポジットレジン)をする前に,リン酸(青いジェル)で処理することでより強固にエナメル質とコンポジットレジンが接着します.また,コンポジットレジンを詰めた後に茶色い線(褐線)がでる可能性を下げることもできます.

処置後

​前歯は顔の印象を左右する大きな要素です.見た目を重視する場合には,より艶があり自然な色調の自費専用のコンポジットレジンを使用します.

処置中に歯が乾燥し,白く見えることで処置直後に色があっていないように見えることがあります.処置後1日程度で歯に水分が戻り本来の色になります.そのため,色調の調和に関しては1週間後の研磨時に確認いたします.

治療回数/期間:2回(1回目は1.5-2時間程度,2回目は1週間後に色調と形のチェックと最終研磨のため30分ほど時間をいただきます)

 

治療料金:合計¥30,000+Tax

​保険治療との違い:むし歯を完全に除去することは自費治療と保険治療に違いはありません.自費治療ではより艶があり歯に近い材料を数種類使用し,歯の内部構造の模倣や再現を目指します.保険治療では基本的に1種類のレジンを使用し,天然歯と調和した色調や形は決められた時間内で対応させていただきます.

自費治療でコンポジットレジン充填をしていただいた場合,処置後1日以上経過した後の色が合ってないと感じる場合には無料で詰め直しをさせていただきます.